輝は塗装専門の職人集団(一級建築塗装技能士)

知ってほしい3つのこと

1つ目:なぜ外壁塗装をするの?コーキング・防水が大事

外壁塗装をするのは、美観のためだけではなく、家の資産を守るため。住宅は10年前後で、外壁や壁の継ぎ目(目地)にひび割れが起こり、そこから雨水が侵入します。水の染みこみを放置すると腐食や損傷を早め、住宅の資産価値を落とします。なので輝は塗装と一緒に防水のコーキング(シーリング)を必ずしています。
コーキング施工を写真で解説

2つ目:塗装料金の違い・内訳(営業費、管理費、下請けマージン…)

業者によって見積料金が倍以上違うことも珍しくありません。それは塗装専門業者もいれば、塗装を下請けに任せて営業や管理を行う業者もいたり、会社規模の大小もあり、営業費や管理費、下請けマージンなど掛かる手間や費用の違いです。なにが良いとは一概に言えません。お客様が重視されることや、業者のメリット・デメリットを見分けて業者選びをすることをお奨めします。私たち輝は塗装作業を直接する塗装専門業者です。
業者によって違う塗装料金

3つ目:外壁塗装の内容(後悔しないために)

事例写真が多い、料金が安い、知人の紹介だから・・・当社もこんな理由で契約していただくことがよくありますが、お客様には、実際の塗装内容をご理解してから業者を選ぶことを強くお奨めします。塗装工事には仕上りには表れにくい作業や工程があります。例えば、洗浄、下塗り・中塗り、防水など、「そのことは知らなかった」と後悔しない業者選びをしてください。塗装のウラ事情 

輝はやります!「下塗り・中塗り」+「屋根塗装」+「コーキング(防水)」

私たち輝塗装は、外壁塗装、屋根塗装、コーキングを丁寧にする塗装専門業者です。

[外壁塗装は下塗り、中塗りも重要]

外壁塗装は「仕上がり」と「工程」の2つが大切です。仕上りの色が良くても、すぐに剥がれるような塗装では意味がありません。

外壁を長持ちさせるに、塗装前に壁をしっかり洗浄して汚れを落とし、下塗り、中塗り、上塗りと丁寧に塗装工程を重ねていきます。

[見えない屋根も塗装しましょう]

「屋根塗装はしなくても大丈夫」という業者もいますが、当社は屋根塗装をお奨めします。それは「家の価値」と「メンテナンス」、加えて、「工事料金」のことを考えてです。

日光や雨を直接受ける屋根は、日々傷みが進んでいます。仮に外壁塗装の時点で屋根に目立った損傷や症状がなくても、次の塗装までの期間を考えると、メンテナンスの意味を込めて同時に屋根塗装をお奨めします。

足場を組む費用を外壁塗装だけに使うのはもったいないです。もし後から屋根に支障が出た場合、屋根工事だけに足場を組むことを考えると、屋根塗装も一緒にした方が費用対効果の面でもお得です。ただし、ご事情がある場合は、外壁塗装だけでも、または屋根塗装だけでも承っています。

 

[家の寿命のためにコーキングは必ずやります]

コーキングとは(シーリングとは)、壁と壁の継ぎ目(目地)に専用のシリコン材等で隙間を埋めて防水処理をすることです。新築時にしているコーキング材(シーリング材)が経年劣化でひび割れして、そこから雨水が侵入し始めます。外壁塗装の時に新たにコーキング処理をすることをお奨めします。

コーキング(シーリング)は住宅の寿命を左右する大切な防水処置なので、当社・輝では、外壁塗装の基本工程にコーキング工事を含んでいます。コーキング費用込みの塗装料金なので安心してください。コーキング施工を写真で解説

地元の塗装会社は信用が「命」

地元尼崎で塗装会社を初めて25年が経ちました。外壁塗装の実績は戸建て住宅をはじめ、マンションアパート、ビル、店舗・工場、学校などと増えて参りました。

今でも地元尼崎を拠点に、西宮、伊丹、宝塚、大阪は豊中、吹田と地域を広げ過ぎず、扉や窓枠一枚の小さな塗装から、2階建て・3階建て・4階建ての戸建住宅や集合住宅まで何でも承っています。

 礼儀正しく丁寧に、安心料金、その理由

地元のお客様から信頼を得ることが25年間続けて来られた理由です。「次に外壁塗装するときも輝に依頼しよう」と思ってもらえたら、それが一番。なのでリピートのご依頼をもらえるときは本当に嬉しいです。

地元の塗装会社なので、何でも気軽に言ってください。そして2回目、3回目の塗装と末永くお付き合いさせてください。だから礼儀正しく、丁寧に、そして安心料金を心掛けています。

塗装料金の説明はこちら

塗装のウラ事情

見積のご依頼